痛風のお悩み解決サイト

痛風発作時の対処法

痛風の痛みの激しさ

あなたはこれまでにとても耐えることのできない痛みを感じたことがありますか。痛みは、身体に異常が起こっているというサインです。

ここでは痛風の痛みの激しさについてお話いたします。

痛風による痛みは、経験した人でもなかなか経験していない人に正しく伝えることはできないかもしれません。その字のとおり「風がふくだけで痛い」という激痛です。

痛風の痛み

関節内に尿酸の結晶ができ、激しい関節炎が起こります。

「傷口にキリをつき立て、グリグリ回されるような痛さ」と表現する方もいます。

自覚症状が全くなく、これまで普通の生活をしていた人がある日突然激痛にみまわれ、パニックにおちいってしまう人もいるほどです。

痛風の痛みは日中よりも深夜から明け方におこることが多いです。

何回も痛風発作を経験している患者さんによると、関節がジンジンする、鈍い痛みがあるなどの痛みの前兆がみられる場合もありますが、突然発症することも多くあります。

痛風の好発部位

痛風の症状は、主に足の指先、指関節、付け根、足首、くるぶし、足の甲、膝、などに非常に強い痛みが突如あらわれるものです。

下半身は一般的に血流が悪く、尿酸が蓄積されやすくなり好発部位になります。

まれに、腕の肘や肩に痛みが生じる場合もあります。上半身は比較的血流が安定し、尿酸も流れやすく、比較的結晶ができにくい環境ですが、それでも痛風発作が起こることがあります。

痛風発作の冷やす対処は適度に行い、つらい時はロキソニンなどを

痛風発作が起きた時にどのように対処すればよいでしょうか。

応急処置としては、まず患部を冷やしましょう。炎症によって患部が腫れているときはとにかく冷やすことが大切です。ただし、氷はビニール袋などに入れ、タオルで包み使用するようにしましょう。患部に直接氷を当ててしまうと、凍傷をおこす危険性があります。
痛風冷やす

また、足の位置は椅子や座布団などを使って高い位置に保つと症状が緩和されることがあります。

安静

痛風発作時は、歩行困難になるくらいの激痛にみまわれますが、7~10日程度で痛みは軽くなることが多いです。

痛みがつらい場合は、痛み止めを飲みましょう。最近は市販薬でもロキソニンなど切れの良い痛み止めも売っていますので、医師や薬剤師と相談の上で服用して急場をしのぐのもよいでしょう。

ただ、痛さやわらげようと、ビールや日本酒などのアルコールを飲酒する方がたまにいらっしゃいますが、それは絶対にやめましょう。痛みが生じたらあわてずに正しい対処をしましょう。



ロキソニン湿布の最安値を樂天で調べる。


科学的根拠に基づいて、消費者庁へ届出されている機能性表示食品です。

監修医師

おおこうち内科クリニック
大河内 昌弘

平成2年3月名古屋市立大学医学部卒業。
名古屋市立大学病院、愛知県公立尾陽病院で内科医として勤務した後、アメリカルイジアナ州立大学生理学教室に留学。
その後、厚生連尾西病院内分泌代謝科部長、名古屋市立大学消化器代謝内科学 臨床准教授を経て、平成24年10月におおこうち内科クリニック開業。
日本内科学会専門医、日本糖尿病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本消化器病学会専門医、平成15年学位取得。